変形性膝関節症について

変形性膝関節症は、膝関節が変形することで痛みや機能障害を生じる症状です。

変形性膝関節症の原因

原因は子供のころの病気や発育障害による膝関節の発育不全によるものが多く、それがおよそ8割を占めます。また、女性がかかりやすいと言われていますが、高齢化によって生じることもあるため、結局は誰でもかかる可能性があります。

メカニズム的には、膝関節の形成がいびつになることで軟骨に負担がかかり、軟骨がすり減ったり変形したりすることからはじまり、それを補うための関節の異常化が進行します。

これによって膝関節に痛みが生じ、症状が悪化すると足の爪切りや靴下をはくのが困難となるだけでなく、最終的には痛みが恒常的なものとなり、立っているだけでも痛みを感じるようになります。

さらに、痛みが出ないように体を動かさないでいると、筋肉の衰えと体力の低下を伴うこともあります。

変形性膝関節症の治療法

治療法は手術を行って根本的な解決を試みる手術治療と軟骨の維持を目的とする保存治療とに分けられます。手術治療は大規模なものとなるため、費用と社会復帰にかかるまでの時間が膨大なものになるという問題点があります。

保存治療は、痛み止めによる緩和や適度な運動による関節の強化、あるいは変形性膝節症を受け入れ、それに合った生活環境を整えていくことで軟骨の負担を減らそうとするものです。

一般的には保存治療からはじめ、症状が悪化した場合は手術療法を行いますが、患者の年齢や体力によって状況は変わってきます。

変形性膝節症なら友心接骨院にお任せください

変形性膝関節症なら西東京市にある友心接骨院にお任せください。

当院では施術前にしっかりとカウンセリングを行いどこが痛いのか、どのような動きで痛むのかなどお悩みをお聞き致します。その後、治療計画を立て患者様お一人お一人に合った施術方法をご提案します。的確な施術を施すことであなたのお悩みを解決いたします。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-423-5537

WEB予約

LINE予約

友心接骨院

住所:〒202-0003
東京都西東京市北町2-3-6 1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日