ゴルフ肘について

ゴルフ肘とは何かというと、肘の内側を押さえた時や、手首を手のひら側に動かした時に痛みが出る症状の事です。

普段生活している時はほとんど痛みもありませんが、症状が悪化すると何か動きを加えた瞬間に痛みが出ます。主にゴルフクラブを握る動作の時に痛みが生じる事が多く、放っておくと握力の低下を誘発する恐れもあるので注意が必要です。

ゴルフ肘の原因

ではゴルフ肘になる主な原因は何かというと、手首や腕の筋肉を酷使する事で炎症が起こってしまうという事です。特にゴルファーに多い事からスポーツ障害の1つとされています。

肘に無理な力がかかった状態でスイングをし続けていると発症する事が多いです。例えばスイングの時に肘が突っ張った状態でクラブを振っていたり、両肘に力を入れすぎてスイングしていたり、グリップを強く握りすぎている等が挙げられます。

他にも体全体を使わずに、腕だけでスイングしていると、腕に負担がかかり症状が出てしまうので注意が必要です。それから必要以上に重たいクラブを使っているのもよくありません。

日常生活に支障が出る場合も

もちろんゴルフをしていなくても、仕事で腕を酷使している人は症状が出る事もあります。このようにゴルフ肘になる原因は色々あります。しかも一度ゴルフ肘になってしまうと、腕を曲げたりひねったりした時や、手を強く握った時にも痛みが出るので日常生活にも支障をきたしかねません。

その為万が一症状が出てしまった場合は、すぐにゴルフを中止して安静に過ごしましょう。

ゴルフ肘なら友心接骨院にお任せください

ゴルフ肘なら西東京市にある友心接骨院にお任せください。

当院では施術前にしっかりとカウンセリングを行いどこが痛いのか、どのような動きで痛むのかなどお悩みをお聞き致します。その後、治療計画を立て患者様お一人お一人に合った施術方法をご提案します。的確な施術を施すことであなたのお悩みを解決いたします。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-423-5537

WEB予約

LINE予約

友心接骨院

住所:〒202-0003
東京都西東京市北町2-3-6 1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日