交通事故後のむち打ちについて

むちうち症はケガの一種ですが、原因の中で一番多いものが交通事故によるものと言われています。自動車の衝突などが原因として多く、首元が鞭がしなるときに近い状態になるために命名された症状です。

むちうちは総称であって、その名称そのものが病名ではありません。交通事故で起こるケースであれば、脊髄損傷や頚椎捻挫、神経根症などが正式な病名となります。

交通事故で首にダメージを受けたときの総称で、事故が発生してすぐに当人が何らかの異変に気付くものでも無いです。多くの場合で一定の期間が経過した後に痛みが出てくる怪我で、数日後に自覚症状を感じる場合がほとんどです。

交通事故にあったらすぐに病院で診断を

交通事故にあってすぐの段階ではその他の痛みに気をとられていたり、精神的に興奮していることがすぐに首元の異変に気付きにくい要因ではないかと考えられています。

数日が経過してから病院に通った場合には、必ずしも事故との因果関係があると断定できるとは決まっていないことが被害者側にとって難しいケースと言えます。そのために人身事故であれば、事故が原因と示す医者の診断書をもらっておくことが重要です。

医者が作成した診断書で事故との因果関係が認められれば、後になってからでも損害賠償を求めることが可能です。万が一、事故の被害者自身がすぐに痛みを自覚していなくても直後に病院で診察を受けることをおすすめします。

当院へお任せください

すぐに調べることによって、何が原因でむちうちになったのかがはっきりしやすくなります。車が追突することで頸部に強い衝撃を受けたときに、首の部分のじん帯や筋肉の損傷、関節組織が傷ついたときに頚椎捻挫になります。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-423-5537

WEB予約

友心接骨院

住所:〒202-0003
東京都西東京市北町2-3-6 1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日