ばね指について

指の腱が炎症してしまうことで思ったように指が動かせなくなってしまうばね指は、年齢や性別に関係なく多くの日本人が苦しんでいる病気の一つです。

腱鞘炎といえば手首の付け根部分に痛みを感じる病気ですが、ばね指の場合は指を曲げる伸ばす際に痛みを感じたり、思ったように動かせないなどの症状が現れます。

ばね指の原因

具体的にばね指が発症してしまう主な原因ですが、指や手を使いすぎが挙げられます。仕事でパソコンのキーボードを毎日長時間タイピングしているという人や、ハンドルやラケットなどを長時間握ることの多いドライバーやアスリートなどがよく発症してしまうことが挙げられます。

加えてホルモンバランスの乱れも原因の一つとされていて、更年期を迎えた女性、出産前後の女性なども発症することが多いですし、糖尿病やリウマチなどの病気を患っている患者さんが併発してしまうケースも多数報告されています。

ばね指でお悩みなら友心接骨院にお任せください。

ばね指でお悩みなら西東京市にある友心接骨院にお任せください。当院では、患者様一人一人に合わせた施術を行うことを重視しております。

是非、お気軽に当院へご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-423-5537

WEB予約

友心接骨院

住所:〒202-0003
東京都西東京市北町2-3-6 1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日