坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは人間の腰から足のつま先まで伸びる坐骨神経が圧迫、刺激されることによって生じる痛みです。坐骨神経は人体に走る神経中で最も太く長いため、ダメージを受けやすいとされます。

神経痛であるため、電気が走ったようなピリピリとした痛みやしびれ、感覚のまひなどが症状として現れます。うまく歩行できなくなることもしばしばあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は神経を圧迫、刺激することが原因となるので、原則として病気ではなく症状です。この症状の原因となる病名は、主に椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の2種類が挙げられます。
若年層に多いのが椎間板ヘルニアで、50代以降の中高齢者に多いのが腰部脊柱管狭窄症です。

そのうち、腰椎椎間板ヘルニアは長時間のデスクワークや前かがみになる仕事、あるいは腰に負荷がかかる仕事や運動に取り組んでいる方がなりやすい病気です。

上下の椎骨を支える椎間板と呼ばれる軟骨成分の一部が飛び出し、それが神経を圧迫することによって、腰や足に痛みが走ります。

一方で、腰部脊柱管狭窄症とは背骨の中心部分にある脊柱管が変形したり、周囲にある骨や靱帯が脊柱管を圧迫して狭くなることによって生じる痛みです。

この2つの見分けは、前かがみになった時と腰を反らした時のいずれのタイミングで痛みが走るかで判断できます。前かがみのなった時に痛くなるのは椎間板ヘルニア、腰を後ろに反らすと辛くなるのは腰部脊柱管狭窄症である可能性が高いとされます。

当院へお任せください

基本的に、坐骨神経痛の原因はこの2つの病気です。しかし、脊椎や脊髄、もしくは骨盤にがんが認められる場合や、お尻にある梨状筋という筋肉が硬直してしまう梨状筋症候群も原因になり得ます。

坐骨神経痛でお悩みなら西東京市にある友心接骨院に一度ご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:042-423-5537

WEB予約

友心接骨院

住所:〒202-0003
東京都西東京市北町2-3-6 1F

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日